人は助けられて生きてる。

もうすぐ5日間の旅が終わる。

栃木→埼玉→名古屋→大阪→博多→佐賀→熊本→福岡

というなんとも弾丸な旅だったけど、

見送ってもらう度、嬉しくて目頭が熱くなる

そんな旅だった。

 

 

 

 

 

 ------------------------

たくさん愛をもらった。

1つ1つの言葉

握手、抱き合った安心感

手を振りながら見送ってくれる眼差し

またおいでと帰る場所を作ってくれたこと。

 ------------------------

優しさをもらった。

初めてなのに快く泊めさせてもらえたこと

パートナーや我が子、人を想う気持ち

朝起こすまいとドアを閉めて洗濯機を回してくれたこと

朝ごはんを用意してくれたこと。

------------------------- 

強さをもらった。

人に支えられているんだと素直に言えること

自分の弱さを相手に見せること

迷いながらも、自分が大切にする軸をぶらさないこと。

 

 

今回の旅は全員が全員、

会うべくして会ったんだって、自信を持って言える。

私が会いたいと思って会いに行った行動は

1つも間違ってなかった。

無駄なことは何1つない、そう思えた。

 

この旅のテーマは

会いたい人に会いに行くこと。

支えられて生きていることを実感すること。

自然に触れること。

 

少し前までは人になるべく頼らず

生きていこうと思っていた。

できることは1人で済ませちゃえ!って。

迷惑をかけてはいけないと思っていた。

ミスしちゃだめだって思ってた。

「助けて」が言えなかった。

 

でもそれは違うと気がついた時、

周囲の人に申し訳ない気持ちになった。

私の独りよがりな思いで、

自分の気づかないところで支えてくれた人

感謝を伝えられていないんじゃないか。

人は1人では生きられなくて、家族だけではなく

出会うたくさんの人達にも育ててもらっている。

それを実感したかった。

優しさに触れたかった。

人に助けてもらって生きているんだって

改めて気がつきたかった。

「ありがとう」を伝えたかった。

 

 

 -------------------------- 

 会った誰しもに言われて気がついたことは

旦那さんからの愛情だった。

「行ってきな。」「無事に帰ってくればいい」

そう言って送り出してくれた。

全く心配していないわけない。

私は私の人生だけど、共に人生を歩む人を決めた。

共に歩む人が旦那さんで良かったと心から思った。

本人からの言動に加わり周囲の人からの言葉での気づき。

ありがたかった。

帰ったら思いっきり抱きしめよう。

ありがとうって言おう。

*

*

旅のスタートは2日の夜。

3日、名古屋に降り立つ。

6年ぶりに再会した姉のようなミサキさん。

一緒に行った熱田神宮で、

自然の恵みを一緒に味あわせてもらった。

結婚式を挙げている白無垢の花嫁さんや

お宮参りでおばあちゃんに抱かれてきょとんとしている

赤ちゃんを見て、同じような幸せを感じたことが

ただただ心地よかった。

連れていきたい!と言ってくれたお店のひつまぶしも

涙が出るほど美味しいし嬉しかった。

朝早く合流してくれた陰には

ミサキさんの旦那さんの優しさも垣間見えた。

ありがとうございます、また遊びに行かせてください。

f:id:yumekamo4:20170507135000j:image

f:id:yumekamo4:20170507055819j:image 

*たくさんの木々たちからパワーをもらった*

*

*

高速バスが2時間遅れで到着。

1時間しか滞在できなかった大阪。

それでも待ってくれていたリョウスケ。

同じセラピストとして、

今の自分のこと、自分の夢、これからのこと

技術もだけど心が1番大事じゃないかってこと

1年くらいやりとりしてて

いつか会いたいねで実現した1時間。

後輩を思いやりながら、自分の決めた道を進む。

強さと優しさを感じたよ。

買ってくれたたこ焼きつっつきながら、

時間じゃなくて質だよねって思えた。

最後のハグ、これから始まる旅をワクワクさせてくれた。

ありがとう!今度は関東来てね。

f:id:yumekamo4:20170507122133j:image

f:id:yumekamo4:20170507114845j:image

*大阪の夜景。これを生で見るために高層ビルに行く...

もちろんそんな余裕ない(笑)

サイン付きのICOCAありがとう!*

*

*

4日、九州は博多に上陸。

佐賀へ向かうまでにヒッチハイクをした。

どうしてもやりたかった。知り得ない世界を見たかった。

自分の度胸を試したかった。

そこで出会ったまろさん、とても素敵な方だった。

一見、答えが1つしかなさそうなことも

捉え方1つで選択肢が広がる。

よく視野が狭くなってしまう私にとって

たくさんの気づきをくれた人でした。

選択肢が広がれば、自分の気持ちや行動に余裕が出る

相手に対する思いや関わりが変わる。 

自分から行動しなかったら会えなかった。

素敵なご縁でした。ありがとうございました!

f:id:yumekamo4:20170507114903j:image

*後ろ姿だけ見るとめっちゃイカつい笑笑

人は見た目が100%...なんかじゃないよっっっ!*

*

*

佐賀に到着。

伯父と伯母に数年ぶりの再会。

なんだか前にあった時の記憶はあんまりなくて

それでも変わらぬ元気な顔で安心した。

ヒッチハイクで来たって言ったら、怒られかけたけど

めぐの行動には脱帽やわーなんて言ってくれた。

呼子まで連れてってくれて、激混みで食べられず

唐津でイカをいただく。

「佐賀に来たらどうしても食べさせたかったんよ」

その気持ちだけで胸がいっぱいになった。

 f:id:yumekamo4:20170507114927j:image

*お腹いっぱい。新鮮だから透明だしぴくぴく動いてた。*

 

伯母は自分の弱さを出してくれた。

辛かった時期があったと教えてくれた。

私がもっと幼かったら聞けていなかったのかもしれない。

強い覚悟と伯父への愛を感じた。

失敗してもいいんだ、いてもいいんだ、

また立ち上がれば。そう教えてくれた。

 

朝早い出発なのに、

私より先に起きてご飯を用意してくれる。

子どもの頃は親にそうしてもらうのが

当たり前だと思ってた。

当たり前じゃないって改めて気づかせてもらった。

こう書いてる間でも涙が止まらない。

大切なことに気づかせてくれてありがとう、

結婚式で会えるのを楽しみにしているね。

f:id:yumekamo4:20170507114947j:image

*心残りは一緒に写真撮り忘れたこと泣*

*

*

5日、佐賀から熊本へ向かう。

前日の昼まで、明日は雨模様。

どうしても行きたかった阿蘇、絶望的だった。

でも奇跡的に天気が覆った。ママパパもびっくりしてた。

熊本で幼馴染のママと再会。

(幼馴染という言葉があってるのか知らんが、

小学校からの腐れ縁)

 

とにかく熊本にいた1日半、

めいいっぱい連れ回してくれた。

阿蘇の雄大な景色、人気のお蕎麦やさん、

アップルパイが美味しいカフェ、家族風呂たる露天風呂、

めっちゃ美味しい居酒屋。

次の日は、モーニング、くまモンスクエア、

熊本城、お蕎麦やさん、帰りのバスターミナルまで。

 

特に阿蘇は圧巻だった。

ショッピングモールなんていい、

おしゃれなランチなんていい、

とにかく自然に触れること、

それを会いたい人と共有すること。

阿蘇の景色を見たら深く呼吸ができた。

f:id:yumekamo4:20170507132927j:image

*ママが超かっこいい写真撮ってくれた。*

 

ママも弱さを見せてくれた。

壁を乗り越えて、今笑えていることに安心した。 

自分のお母さんと同じくらい大切だから。

パパに強さと優しさをもらった。

もっと気楽に生きていいんだ、そう教えてもらえた。

一緒に居られる空間が心地よかった。

家族旅行してるみたいだった。

最後のハグは最高だったよ、ありがとう。

また遊びに行くね。那須にも来てね。

 f:id:yumekamo4:20170507115043j:image

*画面に指が入るお茶目なおじさん、ありがとう。*

*

6日の午後、熊本から福岡に向かう。

5年ぶりに会うチカラさん。

面と向かってあーだこーだ話すことって

正直今までなかった。

バレーを通して同じ空間を共有する、そんな感じ。

でも無性に会いたかった。今このタイミングで。

つくばにいる頃より博多弁が増してたチカラさんは

(地元だから当たり前か笑)

熱く、でも優しさを備えたかっこいい人だった。

「いい経験と旅しとるなー」そう言ってくれた。

自分が自分でなくなるくらいなら、

勉強もせんでええし、人に合わせる必要もない」

1年前自分が救われた言葉ととても似ていた。

そう思って生きていること、

それを人に伝えてることがとても素敵だった。

今このタイミングで会いたかったのは

必然だったのかもしれない。

f:id:yumekamo4:20170507122253j:image

*名物もつ炊き!鉄板の大きさにびっくりした!*

 

気軽に家にどうぞ、と言ってくださった

お父さんとお母さん。

とても素敵な家族のかたちだった。

家族全員でおばあちゃんと生活を共にして

家で会話が,笑顔が耐えないそんな家族だった。

チカラさんが素敵な男性になっていった意味が

よくわかった。

お父さんお母さんの優しさ、強さ。

夜遅くまで話に付き合ってくれたお母さん。

私のお母さんがまた一人増えたみたいで嬉しい。

「次は旦那さんも連れておいで(*^^*)」

そう言ってくれてとても嬉しかった。

f:id:yumekamo4:20170507122222j:image

*家族写真並みに素敵な写真になった*

 

空港まで送ってくれたチカラさん。

初めての1人飛行機なのー!と言ったら

搭乗ゲートまで見送ってくれた。

最後まで優しくて、握手とハグは力強かったよ。

会いに来て良かった、ありがとう。

 f:id:yumekamo4:20170507122303j:image

*あったかい眼差しで優しい男がにじみ出てるよ。*

*

*

*

*

無事に旅を終えた。

思えば、宿代ゼロ(手土産は喜んでくれて良かった)、

ごはんは全部ご馳走してもらった。無銭飲食だ。

私が好きで会いに行ったのに、快く歓迎してくれた。

そんな幸せなことあっていいのか。

支えてもらって生きてるんだなって実感した。

感謝してもしきれない。

たくさんの気づきをもらって

また強くなって優しくなれた気がする。

 

そんな素敵な旅を終えました。
たくさんの人に育ててもらってる。
それは子どもに限ったことじゃないんだ。
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

今は人に会うことが大好きだ。

2年前は真逆だった。人に会うのが怖かった。

すぐ過呼吸になってた。仲良い友人でも緊張してた。

 

人間は変わるもんだって身をもって感じてる。

良くも悪くもなれる。

良い時ばかりではないし、悪い時ばかりでもない。

良くなることを諦める必要はない。焦る必要もない。

 

今ある繋がりを大切にする。

新しい出会いにワクワクする。

ずーっとそんな人間でいたい。

 

 

 

今を生きてる。そう思えました。

素敵な旅を一緒に作ってくれた皆さん

本当にありがとうございました!

 f:id:yumekamo4:20170507122840j:image

 

田中めぐみ