10年目のキセキ

f:id:yumekamo4:20170728182734j:image

2017.07.23
願っていた夢が叶いました。

お母さんと写真を撮りたい

お母さんを抱きしめてあげたい




-------------------------------------
家族って色々な形があって
親に対する思いも十人十色。
そんな中で、家族が大好きだと
声を大にして言えることは幸せだなぁと感じます。



10年前の15歳、
余命数カ月のお母さんに
背を向けて実家を出ました。
中学卒業とともに高校の寮生活のスタート。

あの頃はバレーに夢中だったというか
お母さんの痩せて弱っていく姿を見ているのが
辛くて作った口実だったんじゃないのかなって
今になって思う。
今となってはバレー人生は財産だけれども
きっと逃げてたのかな。


最期の日は
手しか握れなかった。
最期に力強く握り返してくれた
お母さんの手は一生忘れられない。


「あの最期の2週間そばにいてあげられたら」
あの時逃げた弱い自分を恨んで、憎んできた10年間。
苦しかった、辛かった、悲しかった。
何のために生きてるのかわからない時期もあった。




今年で亡くなって10年目の節目の年。

今年は本当に奇跡のようなことがたくさん起こる。

過去の自分を対話することを
教えてくれたたっちゃん
f:id:yumekamo4:20170728182821j:image
たっちゃんのおかげで
10年間思い出せなかったお母さんの声が聞けた。
そして何よりも、10年間恨み続けた
自分の気持ちを浄化することができた。

 


自分を許せたら
爪をむいてしまう、ある意味自傷行為も相当減った。
泣くことも、弱音を吐くことも怖くなくなった。
嫌な時は嫌だよって
無理な時は無理だよって言えるようになった。
良い意味で手を抜けるようになった。
誰のためとか過去とか未来とか関係なく
今この瞬間を大切にしようと思った。


そして色々な人と触れ合いたくなった。
直感を信じて動けるようになった。
だから旅にも出た。
人は助けられて生きてる。 - いつだってシンプル。


愛情って
家族からもらうだけじゃないんだってわかった。
感謝したり学べることって
人と関わるから生まれるものだってわかった。
わがままなんだけど、
きっとお母さんからもっと愛情が欲しかったんだと思う。
それにすごく固執してた。

 

 


だけど、そうじゃなかったんだね。
出会って関わっていく人たちにたくさんの愛をもらって、
私もたくさんの愛を返す。それで良かったんだね。

 



そして
f:id:yumekamo4:20170728182847j:image
キセキみたいなタイミングで望んでいた夢を
カメラマンのカメさんが叶えてくれた。

f:id:yumekamo4:20170728182900j:image

*カメさんと

カメさんのことを紹介してくれた大好きな丹羽さん*



小さい頃はお母さんにいっぱい
抱きしめてもらってた。
嬉しい時、悲しい時、ケンカして仲直りした時
母のぬくもりは無限大だった。

だからこそ
お返ししたかった。

結婚式が終わっちゃったら
花嫁姿になんてなれないから
f:id:yumekamo4:20170728182945j:image
どうしても9月前に撮っておきたくて。
お母さんと2人きりでね。

f:id:yumekamo4:20170728183001j:image
カメさん、ありがとうございます。

お母さんも喜んでると思います*
9月の結婚式、たくさん笑ってたくさん泣いて
たくさん感謝します。
そしてたくさんの愛を、みなさんと。