自由に生きていいこと。

おやまだ桃農園と出会ってちょうど1年。
とても面白い出会いで、
だけれども一気に私が変わった時期。

 

田中 めぐみ - 仲良くなった桃農園のお兄さんのところに遊びに行きました!... | Facebook

 

PTじゃなくて桃の売り子してましたって話すと
「はっ!?(・Д・)何してんw」ってなるんだけど
そういう反応を見る度に、

やっぱりリハ職は組織に守られる職場に

いる人が多いんだなと最近では思う。

同じ場所で根を張り続けて、頑張っている人と

多く出会ってきた人もそう思うのかな。
(もちろんそれが良いとか悪いとかって問題ではないし、

そういう考えではない人もいる)

 

 

人生って何かしてみてもいいし、

何もしなくてもいい。

頑張ってみてもいいし、頑張らなくてもいい。

何を選んだって時は前に進む。

遠回りしたってそれは無駄足ではなくて

自分を作るための道だったんだと思うよ。

正解も不正解もなくて、自分で選んだもので

人生は動いていくんだと思う。

 

 

私を助けてくれたのは、
新しい出会いと、太陽や雨、自然の恵み。

何気ない一言をくれた先輩たち。
「特に何も変わってないよね、めぐは。」
と一緒にいてくれた彼と友達。
本当に何もうるさいこと言わずに
見守っててくれた家族。

 

 

 

今の自分を素直に見つめること。
良い自分も悪い自分も全部自分。

 

いい子でいないと、愛してもらえない
いい子でいないと、嫌われちゃう
いい子でいないと、助けてもらえない

 

そんなことないんだ。
自分は自分でいいし
自分を認めてあげられるのって
満たしてあげられるのって
実は自分自身なのかもしれない。
自分自身を認めて受け入れて
「こんな自分でもいいんだ.
いい子でいなくていいんだ.
100点じゃなくて60点でも30点でもいいんだ.」
って肩の荷を下ろせたら楽になると思う。

人の目なんて気にしなくていい。

まずは人の目を気にする自分を認めてあげればいい。

自分自身の気持ちに向き合って

気付くことで、また何かが変わっていく気がする。

 

 

 

f:id:yumekamo4:20170611083647j:image

友達のお祝いの場に出席させてもらいました。
パートナーと支え合っていくって決めて
みんなの前に立つ姿が、

とても強くて勇ましかった。

 

素敵な時間をありがとう!

結婚おめでとう!